「Epistory - Typing Chronicles」のデフォルトローマ字が使いにくいので日本式辞書を作成してみた


PC用ゲーム「Epistory - Typing Chronicles」は、アドベンチャーゲームにタイピングゲームを加えた、幻想的なグラフィックと世界観が特徴的なゲームです。海外の作品ですが、日本語にも対応しており、もちろん日本語のタイピングにも対応しているので英語ができない方でも遊ぶことができます。

しかし、「Epistory - Typing Chronicles」のデフォルトの日本語(ローマ字)は、ヘボン式となっており「し」が「Shi」、「ち」が「Chi」、「じゃ」が「Ja」等に設定されています。更にこの通りに打たないと誤判定とされ、次の文字を入力することはできません。

ということで、「Epistory - Typing Chronicles」のローマ字入力をヘボン式ではなく、日本式に変更した辞書を作成しましたので導入方法を説明します。

動作確認環境とご注意

今回の辞書はSteam版の「Epistory - Typing Chronicles」(Windows)でのみ動作確認を行っています。

Steam内のガイドにて辞書やスクリプトの編集方法が公式に説明されており、そのガイドを元に辞書を作成しました。外部での配布に関しての記載が見当たりませんでしたので当ブログ内で配布を行いますが、問題があれば削除します。Steam内での配布に関しましては考えていません。また、これ以上の更新は行いませんので合わせてご了承ください。

この記事を参考に行った作業において、ゲームやシステムに不具合・損害が起きた場合の責任は負いかねます。手順通りに行えば絶対に不具合が起きることはありませんので安心してください。

ちなみに、ユーザーが作成した辞書を使った場合、アリーナのスコアランキングにはスコアが送信されず、ランキングに反映されないのでご注意ください。

辞書のダウンロードから配置まで

使い方はダウンロードしたファイルを解凍して、インストールフォルダ内に作られている「Mods」フォルダ内に貼り付けるだけです。もし「Mods」フォルダがなければ作成してください。念の為手順も書いておきます。

  1. こちらから辞書ファイルをダウンロードする(ZIPファイル)
  2. 任意の方法でZIPファイルを解凍する
  3. 出来上がったフォルダ「Dicitionary_Japanese」をコピーする
  4. Epistory - Typing Chronicles」のインストールフォルダ内「Mods」を開く
  5. 手順4の「Mods」フォルダにコピーしたフォルダ「Dictionary_Japanese」を貼り付ける


Epistory - Typing Chronicles」のインストールフォルダはライブラリの一覧からタイトルを右クリックして「管理」から「ローカルファイルを閲覧」をクリックすると表示されます。

Epistory - Typing Chronicles 起動後の手順

  1. タイトル画面、またはゲーム中のメニューから「オプション」を開く
  2. プレイ言語の矢印をクリックして「日本語(日本式)」を選択する
  3. 画面左側の「戻る」をクリックする
  4. 日本式のローマ字が適用される


オプションのプレイ言語が画像のように「日本語(日本式)」になっていれば日本式の辞書に切り替わります。


本来「地価」は「CHIKA」と打たなければいけませんが、辞書が適用されているので日本式の「TIKA」で入力できるようになっているのが分かります。

ローマ字のヘボン式と日本式の違いについて

パスポート等で使用されるローマ字はヘボン式が採用されています。なので「Epistory - Typing Chronicles」が日本語翻訳されローマ字を使う際に国際的に使われているヘボン式が採用されと思われます。ですが、一般的にキーボードで入力するローマ字は日本式であることが多いです。

例えば、ヘボン式の「し」は「Shi」ですが、日本式では「Si」となります。また、ヘボン式の「ふ」は「Fu」ですが、日本式では「Hu」となります。この場合少なくとも私は「Si」と「Hu」という感じで打っています。

ヘボン式の一覧や細かい内容に関して興味のある方は検索すると比較表などがすぐに見つかると思いますので検索してみてください。

オリジナルの辞書からの変更点

ヘボン式から日本式のローマ字に変更しました。それとは他に、以下の気になる所を修正しています。

  1. 「エコ」の「ECO」を「EKO」に変更
  2. 「ピザ」の「PIZZA」を「PIZA」に変更
  3. 「旅たち(TABITACHI)」を「旅立ち(TABIDATI)」に変更

できるだけオリジナルを残したかったので「家」を「うち」と読んだり、「長」を「おさ」と読んだりする部分に関しては変更していません。さすがに「エコ」や「ピザ」は普段入力するものに変更しました。その他読み方等は精査していないので手を付けていません。

狩矢隆夫 この記事を書いた人:狩矢隆夫
家庭用ゲームが大好きでしたが、完全に熱が冷め、趣味といえば散歩と2時間ドラマくらいに。旅行が好きで、路線図と時刻表を見ながら妄想旅行をすることも。スマホとブラウザで気軽にできるゲームでは遊んでいます。そしてTDR好き。
© SLOPOND