クリニカアドバンテージ ハブラシが奥歯の奥まで入り込んで歯すべてがツルツルになる

クリニカアドバンテージ ハブラシが奥歯の奥まで入り込んで歯すべてがツルツルになる
電動歯ブラシで歯磨きしていましが、歯科医師から「手で磨いたほうがいい、小さいヘッドのものを使えば奥歯も十分磨ける」と言われて購入したのが「クリニカアドバンテージ ハブラシ」です。黒いのが電動歯ブラシのブラシ、白いのが今回購入したクリニカアドバンテージ ハブラシです。サイズの違いがすごい!!

公式サイトには『今のハブラシでは口の中で奥にあたってしまう人、歯並びがあまりよくない人に』も使いやすいと書かれていました。

で、実際にアマゾンで注文して届いてみたらヘッドが小さいし細い!こんなに小さくて口の奥まで入り込めそうな歯ブラシってあったのかと気づくのが遅すぎたものの、こんなに良い歯ブラシがあったことに驚いたのでシェアしたいと思います。

極薄ヘッドで奥歯までヘッドが入りやすい

クリニカアドバンテージ ハブラシが奥歯の奥まで入り込んで歯すべてがツルツルになる
クリニカアドバンテージ ハブラシは軸部分のプラスチックの厚みが2.6mmです。通常は3.9mmもあるそうで、これだけでも奥歯の奥にまでヘッドが入り込めるようになっていて感動しました。

これまで普通サイズの歯ブラシをずっと使い続けて奥歯は磨けなかったので結果的に自動で動いてくれる電動歯ブラシを使うようになったのですが、今回クリニカアドバンテージ ハブラシを使ってみて、最初からこれを使っていれば良かったと使い心地の良さを実感しました。

ヘッド自体がとにかく小さい

ヘッドの大きさが実は2種類用意されています。クリニカアドバンテージ ハブラシには、ヘッドサイズの違う「コンパクト」と「超コンパクト」の二種類があり、私は「超コンパクト」を購入しました。とにかく奥歯の奥まで届く歯ブラシを探していたので。
クリニカアドバンテージ ハブラシが奥歯の奥まで入り込んで歯すべてがツルツルになる
並べてみると超コンパクトの小ささがわかると思います。奥の奥まで磨きたい方は断然「超コンパクト」をお薦めします。

そしてヘッドの先が細くなっている4列ブラシを選びました。
クリニカアドバンテージ ハブラシが奥歯の奥まで入り込んで歯すべてがツルツルになる
これは大正解で、奥歯の奥までヘッドが入り、そこで歯ブラシを動かしても口の中に当たることなくしっかり磨けていると思います。今までここまで奥歯をきれいに磨ける歯ブラシを使ったことがありませんでした。

ブラシの硬さは柔らかめを選択

4列ブラシは、「硬め」「普通」「柔らかめ」の3種類から選ぶことができます。私は強く磨いてしまい歯茎に影響が出るのが怖かったので柔らかめにしてみました。

結果的に歯磨き粉が異様なほど泡立つくらいブラシの動きが柔軟なことに気づきました。歯茎への刺激もかなり小さくて歯茎が弱っている方にも使いやすいのではないかと思います。

自分の歯ブラシの圧力によって歯茎が逆に下がってしまうこともあるようなので、柔らかめで丁寧に磨くのがベストなのかなと思います。

早く小さい歯ブラシで手磨きしていればよかった

クリニカアドバンテージ ハブラシを使ってみて、ここまで使いやすく歯磨きの成果を実感できる歯ブラシがあることに感動しました。もっと早くクリニカアドバンテージ ハブラシを使っていればよかったと後悔もしています。

ちなみにクリニカアドバンテージ ハブラシは歯科衛生士100人の80%以上が「理想的なカタチ」と回答したそうです。確かに本当に使いやすくてしっかり奥歯もツルツルになりました。

3本セットでカラーが選べないタイプのものをアマゾンで定期購入しています。1本の寿命は1ヶ月ほどなので、3ヶ月ごとに定期的に届くようにセットしていて、歯ブラシが悪くなったまま使い続けないように意識もできて便利ですよ。

ちなみに3本で600円しなかったので、1本200円を切る価格。これでこの磨き心地の良さはすごいですね。本当に良い歯ブラシに出会えたと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアしていただけると嬉しいです

オシオ この記事を書いた人:オシオ
年に数回ガジェットを持って海外旅行へ行くガジェット系日本人。写真と映像はPanasonic G9PRO、パナライカ12mm F1.4、パナライカ・ノクチクロン42.5mm F1.2、GoPRO HERO7、ジンバルはa1000、ドローンはDJI MAVIC PRO使用。
運営者情報 | プライバシーポリシー
© SLOPOND