【開封の儀】RAZER PHONEを輸入!何という高級感なんだ・・・

razer_phone_001.jpg
ゲーミングスマホ、RAZER PHONEを輸入してみました。今回はスマホの輸入代行業者で有名なETORENで購入。シンガポールからの発送で何と3日ほどで自宅に届きました。

ちなみに、私はゲーマーではありません。使っていたスマホが壊れて次何を買うか、と思ったときに私に必要だったのが、以下のようなことでした。

  • 高スペックのスマホでサクサク動作(ストレスが嫌い)
  • アップル製品は除外
  • 大画面(仕事で長時間画面を見続ける)
  • SIMフリー(毎月どこかしらの海外で使用)
  • 見た目がクール
  • できれば他の人と被りたくない

こんな動機で超ハイスペックなRAZER PHONE買うなんて・・・と自分でも思いましたが送料や関税コミコミでも目が飛び出るほど高いわけでもなく、それでいて満足できるスマホなら使用用途に比べてオーバースペックなRAZER PHONEでも良いじゃないか!ということでポチっていました。

開封の儀

razer_phone_002.jpg
ザラザラした素材の黒い箱。高級感以上の何物でもないこの質感は手にした喜びをブチ上げてくれます。RAZERロゴがとても怪しく艶めいています・・・。決して安い買い物ではないので高級感を演出してくれるのは嬉しいですね。

しかしこれどうやって開けるのか・・・箱を開けるためだけに少し格闘してしまいました。

razer_phone_003.jpg
で、横にこんな紐が。この紐をRAZERロゴに向かって上に引っ張るとパタッとRAZERロゴの面が開きました。マグネットで止まっていたんですね・・・。

razer_phone_004.jpg
蓋はマグネット式になっていてこのように横に開きます。中には薄い透かしのある用紙に何やら書いてありますね。高級品らしい演出に喜びとワクワク感しかありません。

razer_phone_005.jpg
紙をどけるとRAZER PHONEが現れます。デカイ!上下のスピーカーがある分、想像よりもかなり大きく感じられますがデザインはシンプルでとても安定した面積バランス。美しすぎます・・・。

razer_phone_006.jpg
RAZER PHONEをどけると下には各種付属品。小分けになっていて見た目も素晴らしい。なんだか日本の重箱のような美しさも感じますよね。

razer_phone_007.jpg
充電用ケーブルはUSB Type Cです。

razer_phone_008.jpg
ACアダプターはシンガポール仕様・・・。これが一番残念でした。QC4+のスピード充電がこれではできません。仕方ないのでアメリカに行くときに買います。まあこのタイプのプラグの国に行くときのためにガジェットバッグの中に忍ばせておきましょう・・・。

razer_phone_009.jpg
USB Type Cのイヤホンジャックです。RAZERロゴ入りなのは嬉しいですね。しかしスマホで音楽を聴くことはないのでこれはこのまましまってあります。


簡易説明書、ステッカー、SIM入れ替えの用のピンはRAZERのロゴ入り!ほとんど使うことはないと思いますが、海外旅行に頻繁に行くため、これがないと現地SIMを使うときに入れ替えできないんですよね。大抵店の人がやってくれるので問題ないのですが、問題は帰国時。日本についてから海外SIMと日本のSIMを入れ替えようと思ったらピンがないことを思い出して帰宅までネットに接続できなかったことがありました。RAZERのロゴ入りだしエブリデイスリングにこれを携帯しておくのも楽しくなりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアしていただけると嬉しいです

オシオ この記事を書いた人:オシオ
年に数回ガジェットを持って海外旅行へ行くガジェット系日本人。写真と映像はPanasonic G9PRO、パナライカ12mm F1.4、パナライカ・ノクチクロン42.5mm F1.2、GoPRO HERO7、ジンバルはa1000、ドローンはDJI MAVIC PRO使用。
運営者情報 | プライバシーポリシー
© SLOPOND