【レビュー】コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった

買っているペットの毛などの対処として毎日数回クイックルワイパーをかけていましたが、ラグの床専有面積が大きくなったので手軽にかけられるコードレス掃除機を探して今回購入してみたのがアポセン コードレス掃除機 APOSEN H10です。アマゾンで7,999円と安かったので使い心地などを簡単にシェアしたいと思います。

最近のアマゾンレビューは全体的に信用低下傾向にあるため、本当に購入したレビューを見て買うかどうか決めたいはず。ぜひ参考にしてみてください。
⇒アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10はこちら

コンパクトなパッケージで驚き

アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった アマゾンから届くとこんなにパッケージが小さくて驚きました。これまでコードレスタイプの掃除機を使ったことがなかったので、ここまでコンパクトになるものか。・・・、と。収納スペースの問題で普通の掃除機を持ちたくない方にもお薦めできます。うちがそうです。

中身を取り出すとこのような感じ。
アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった 私はほとんど普通のヘッドしか使わないと思うので、オプションヘッドのふたつはしまったままになりそう。本体、バッテリー、伸縮ノズル、通常ヘッド、充電ケーブルが揃っています。

本体とヘッド部分を直接つなぐとハンディ掃除機としても使えるのでデスクの横に常設しておくのも良いと思います。私はリビング用の掃除機として購入たので伸縮ノズルと通常ヘッドをつけっぱなしにしています。

APOSEN H10本体レビュー

アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった 本体にバッテリーを取り付けます。バッテリーはこのまま充電できますし、本体から外した状態でも充電可能です。ちなみに使ってみて感じましたが、予備バッテリーは不要です。20畳のリビングを掃除してもバッテリーは半分も使っていないから。バッテリーの持ちが悪くなったら買い換えればOKです。

アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった 伸縮ノズルはボタンを押して伸ばしたり縮めたりします。アナログな感じですが安いしこれで十分かなと思います。

アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった 伸縮ノズルは本体にギュッと差し込んで終わり。カチッと音がすると説明書には書いてありましたが音はなりません。単純に押し込むだけ。

アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった ノズルとヘッド部分もギュッと押し込むだけ。

アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった ガンタイプで人差し指の部分のボタンを引くと電源が入ります。長押しして止まります。

掃除しながらここに人差し指をかけていると、どうしても握ってしまい電源が落ちることがありました。掃除するときは人差し指をはずして握りたいところですが、毎日掃除機を書けていたら人差し指を掛けていても電源スイッチを握らなくなったから不思議。慣れるもんですね。

バッテリー部分の詳細を。
アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった 電池残量は電源をつけている間だけ点灯します。真ん中の丸いボタンは吸引力レベルの切り替えボタンです。最初はノーマル、一度ボタンを押すと強力吸引になり、また押すとノーマルに戻ります。

アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10の使い心地

ノーマル吸引モード

まずAPOSEN H10の吸引力について。ノーマルはクイックルワイパーのように床の髪の毛やホコリを吸う程度に使えます。強力な吸引力ではありませんが、フローリングの掃除ならこれで十分でしょう。音は小さめで使いやすいです。

強力吸引モード

強力吸引モードにすると音は大きくなりますが、毛足の長いラグでもしっかりと毛やホコリを吸い取ります。通常の本体別になっている掃除機と同じような吸引力を体感できるでしょう。一度ノーマルで掃除機したラグの上を強力吸引で吸い取ってみたところゴミがたくさん取れました。さすが強力吸引です。

フローリングならノーマル、ラグの上は強力吸引と使い分ければバッテリーの消耗はかなり抑えられました。20畳のリビングで3段階のバッテリー残量の2段階目になりました。十分使えると思います。

APOSEN H10の注意したいところ

APOSEN H10は自立できない

APOSEN H10はこのままでは自立できません。どこかにたてかけておくか、ノズルを引き抜いて収納棚に入れておくことになります。実際パッケージの小ささを見ればわかりますが、ノズルを短くして分解することで収納スペースの隙間に入ります。

我が家にはペットがいるため一日に何度か掃除機をかけたいので、分解せずこのままにして、毛が気になるときにササッと掃除機をかけられるようにしています。

過充電に気をつける

また過充電はしないように説明書に書かれていました。充電しすぎると膨張、破裂などの危険性があるとか。これはどのバッテリーもそうですが、充電が満タンになったら説明書通りに充電コードを抜いたほうが良いですね。

その充電に必要な時間は3時間ほど。ちなみにフル充電した状態で標準モードで掃除機をかけると最大35分間稼働が可能です。

ヘッドは横スライドしにくい

ヘッド部分が全方向にはローラーでスムーズに動きますが、横にはスライドできません。壁の縁部分を横スライドして掃除したいときは使えないのが残念。それ以外は問題なしです。

APOSEN H10の良かったところ

軽くて取り回しがしやすく1日何度でも掃除機が使える

軽量約1kgなので20畳以上のリビングもらくらく掃除ができました。毎日数回掃除機をかけたいので取り回しのきくサイズ感、重量感は重要です。クイックルワイパーのように毛やホコリを吸い取りたいので、標準モードで軽くかける感じで使っています。

排気はまったくの無臭

フィルターはHEPAフィルターで空気がかなりきれいな感じ。まだ新品ということもあって排気はまったく臭いませんでした。このHEPAフィルター、700円とコスパ最強です。

排気口は前方についているので嫌な空気は手元にかからないのがAPOSEN H10の売りのひとつだそうです。気にしていませんでしたが、今までは吸い込んでそのまま手元の排気口に空気を流していたようです。それは不快ですよね、APOSEN H10から改善されたようで良かったです。

最低限の機能が全てついていて8,000円以下のコスパ最強ハンディ掃除機

写真のように、部屋用、車、デスクなど色々使えるのですが、どれもベーシックな機能ですよね。ただノズル部分を取り替えればよいだけ。これって必要最低限の掃除機としての機能であって斬新なものではないのですが、掃除機に期待する機能ってだいたいこんなもんなんです。
アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10が意外と良い評価だった 価格も安くて最低限の掃除機の機能がすべて揃っていて、見た目も清潔感あるホワイトで良かったです。最初はダイソンと迷っていましたが、駄目になったら捨てて新しいものを買う、それを考えると8,000円以下で買えるAPOSEN H10は良い選択でした。

APOSEN H10の2台持ちも現実的

これですべての部屋を掃除するにはバッテリーが持たないと思うので、予備バッテリーを買うか、2台買って寝室専用のAPOSEN H10を用意するとかしても良いと思います。価格が8,000円を切る安さ、吸引力も普通の室内のゴミであれば十分吸い取るので問題ないでしょう。掃除機を持ち出してきてコンセントに繋いで掃除機をかける、という作業が省略されて軽い掃除機でササッと掃除ができるのは良い感じです。

⇒アポセン コードレス掃除機 APOSEN H10はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアしていただけると嬉しいです

オシオ・フライト この記事を書いた人:オシオ・フライト
年に数回ガジェットを持って海外旅行へ行くガジェット系日本人。写真と映像はPanasonic G9PRO、パナライカ12mm F1.4、パナライカ・ノクチクロン42.5mm F1.2、GoPRO HERO7、ジンバルはa1000、ドローンはDJI MAVIC PRO使用。
© SLOPOND